生前整理と変わらない言葉として福祉整理というようなものが存在するのを知っているでしょうか?この点は、よく言うごみ屋敷問題にも関係してくるでしょう。

けれども、こういった問題については実際のところテレビで見るようないかに問題を抱えてそうな人に限りません。

悪化していく認知能力あるいは人脈の希薄化やパートナーとの死別などで、段々と身近なことが行えなくなることの繰り返しとも言えます。

そこでそうならないために、日々の生活に必要不可欠な物をメインに不必要な物を綺麗にして、不要なものが貯まらないように再び形づくるというプロセスが福祉整理というものになります。

生前整理は50代から 第一線から退いた60代、医療費総額の負担率が少なくなってくる70代以降など様々なケースで想定されますが、何才ですることが望ましいかどうかといった世間一般論などないのかも知れません。

気になったらその時にやるのをおすすめします。

時代も様変わりしたようで、現代では20歳台から行なうという方もかなりいるようです。

初めて耳にした際にはビックリしたのですが、自分の命というのは本人が完全にコントロールできないものですから、本人自身に任されているワケです。

生前整理の中で一番大きい壁と言うと、捨て去ることだと思います。

処分すると絶対に帰ってきませんから、とても迷ってしまいます。

買取してもらえるようなものはむしろ潔く片付けられることも考えられますが、お値段がつかない物で引き取り手も出てきにくいといった様な物は、むしろ困難だというケースもあるそうです。

捨てさると言えども、物自身と思い出の2点を持っているのでご家族のどなたかが捨てられないといった時は、お茶でも入れて思い出話を聞いてみるのもいいかもしれません。

生前整理のコストや価格帯において気になっている方がたくさんいるようです。

生前整理の種類にもよるので相場感というかだいたいの考え方になりますが、例えば、施設への入居にあたって一軒家まるごと片づけたいという方の場合は、十数万円から数十万円に及ぶこともあるようです。

しかしながら、高級な衣服や貴金属など買い取ってもらえるような品を片づける状況であるならば、0円にて評価してもらえます。

一気に丸ごと行ってしまうと高い料金になるということなので、買い取ってもらそうな品を売ったり、廃棄するにせよ徐々に公共機関のサービスを利用すると、驚くほど費用を少なくできます。

年老いた方の生前整理の現場によっては、ずいぶん難しいこともあるようです。

ご両親と同居していないのであれば、現在事細かにどんな風なのかは理解できません。

特に、お一人きりで日々生活されているケースでは、掃除が行き届いていない部屋が出てきたり、ごみの判別が困難など、小さなことの積み重ねで問題が大きくなっていることもあります。

生前整理ということを意識することで、お悩みの進行を絶って、その名の通り積極的に整理できることに結び付くことが大半です。

生前整理を始める場合に、初めにコーディネートのターゲットになるのが、お洋服といったウェアだと思います。

身に付けようと考えてみれば着れる。

少しだけやせれば着れる。

等の様な繰り返しで、特別な感情のあるなしとは分けて制限なく蓄積していくのが洋服だと思います。

その一方、着物といった様な稀な物は捨てないでとっておくものですから、こちらもたまっていきます。

洋服の場合はブランド物でなければ、おそらく処分アイテムになりますが、着物となると買い取ってくれることが見込めます。

インターネットで高額での買い取りをして頂ける専門業者も複数存在していますから、ダメだと思わないで一度見てもらうのをおすすめします。

近年よく言う生前整理とは、日々を送っている内にわずかずつ持ち物を縮小していくことを表しています。

そもそも、誰かが命を落とされた場合では取り残された肉親が綺麗にするというのは実際大変なことなんです。

まさにそれが一般に認識されるようになってくれたことにより、なくてはならない身内の為にご自分の考えでいらない物を解決していくというのは、やる意味があることなんだと捉える方が増加してきました。

さらに、物を整理していく中で心から大切な物を見つけることができたり、自分自身の一生涯を思い返す契機にもなることも明らかになってきたのです。

クロネコヤマトに生前整理パッケージといったものがある事を見聞きしたことがあるでしょうか?物を取り出して収納スペースを整えた後、なくてはならないお品物と要らないお品物保留にするお品物に分けて、後々、家財や家庭用電化製品といったビッグサイズのものを動かすのです。

その状況の下で必要とされる物を保管スペースに配置し、不要なものはリユース、供養、運送、ごみとしてもう一度分けてくれるのです。

買取サポートもあるのが優れたところで、口コミで話題が拡大しているみたいです。

生前整理の専門誌ってちょっと前一般的になりましたね。

アドバイザーと呼ばれる人も何人か出てきたりしています。

amazonなどでリアルにこういったテーマにぶち当たっている人たちの生々しいレビューがついているので目安に見てたいと思った物を注文するというのも良いと思います。

本の系統としては、片づけのテクニックをまとめた実用書と、捨てられないというメンタルの問題を取り扱ったものの2つの種類があります。

筆者も複数の方がおりますので見て比べてみることなども良いと思いますね。

ミニマリストと呼称されるものをキープしないスタンスの人と、生前整理が関連付けられて話されることがほとんどですね。

どちらも物を減らしたいということで考えは同じ様に見られがちですが、その要因や実際の意図が全く異なるようです。

ですので、そのままお手本にするっていうのはしないほうが良いのではないでしょうか。

ひと際、ミニマリストの方におきましてはストイックに断舎利している傾向がありますから、ほんのちょっと敷居が高いと考えられますね。

こちらのサイトでは、何かしらのきっかけとなって決心し生前整理を行なおうとしている方に知識供給を行っています。

これからはじめる方に私が一番おすすめしているのは、できることを少しだけやるということです。

これについては、頑張り過ぎないでもらいたいですねというわけだけに限らず、これまで気にせず蓄積されてきた物を積極的に思い返して、必要であるか必要ないかを見極めるというのは大いに手に余る事だからだと言えます。

加えて、買上げた際にどういう事が生じたか、というような身近な所にも意識を寄せていくと、高確率でおこなって良かったなという気分になれますよ。

義母の生前整理を手助けすることになった。

そんな一言をSNSで見かけました。

実の親子や夫婦間でも本人と本人以外では考え方に大きな違いがあることは珍しくありませんから、義理の母の生前整理の場合はそれはもっと難しいです。

高度経済成長期またはバブル期を生きてきた人々のなかには、若年世代以降執着とも思わしきほどにものに執着心を持っている方もいると思われます。

そのような人に、破棄する、片付けるといったワードを使っても拒否反応が強力になるだけだと言えます。

失敗談の多くはこのような考え方の違いがあるようです。

相手の品を重要視するという局面になって、一番好きな物はどれだと考えますか?という様に、より大事なものをセレクトするということからスタートを切るといいかもしれませんね。

写真やアルバムの扱いって、生前整理の中でもとても難しいと言われています。

アルバム何冊分もある方の場合、思い出深いものはもちろんですが、よく見ると何の写真なのかよく分からないというものもあるそうで、そういったものは捨てやすいんだそうです。

ですがなかには一定レベルまで行くと、廃棄しなきゃという気持ちとでも捨てられないという気の板挟みに見舞われてしまうことだっているとのことです。

その際は、今日はまだ処分できなかったという覚書を挟んで、整頓をいったんお休みするということが望ましいです。

困ったら一度中断して終了する。

重要なポイントです。

生前整理で資産をとっておきたいと思っておられる方もいらっしゃいます。

相続税対処法の一環で生前のうちから綺麗にしていこうと希望される方も大勢いるそうです。

子供達の間に生じる後継問題をできるなら消失させたいという点は、両親の本心ではないでしょうか。

もっと言うなら、貴重な品を100パーセント目の行き届く際に整えることも良いと思います。

想い出とともに思い浮かべつつ、親戚・縁者とのコミュニケーションを多くする第一歩にもなるようですから、プラス思考で考えてみましょう。

生前整理の問題と言ったら、自分の気持ちと御家族の気持ちに違いがあるケースです。

基本中の基本として認知症などで意思確認が難しい場合でなければ、当人の要求がない生前整理はあってはなりません。

客観的な目線で見て意味がない物でも、当人にとっては貴重なものも見られますし、自らが思ってもいなかった死の問題をいくら家庭であっても外部から叩き付けられることは、時期によっては嫌気がさす恐れもあるでしょう。

肉親のわずらわしさを防止することが要因であったとしても、突然に処分を差し迫る事はお勧めしません。

関連ページ